JavaScriptで周期的処理

JavaScriptで周期的処理を行うサンプルです。関数setIntervalは、指定した関数を一定時間(単位はmsec)ごとに繰り返し実行する関数です。また、関数countupでは、関数のプロパティ(この例では、countup.i)がstatic変数のように振舞うことを利用しています。
JavaFXよりも簡潔に記述できるのが嬉しいです!

setInterval.htm

<html>
<head>

function countup() {
  if (typeof countup.i === 'undefined') {
    countup.i = 0;
  }
  document.getElementById('textField').value = countup.i++;
}

</head>
<body>

setInterval('countup()', 1000);

<input type='text' id='textField'>
</body>
</html>


参考サイト
1.JavaScriptでPHP関数におけるstatic変数みたいな事をやる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中