FLTK による GUI アプリケーションの開発(Windows)

FLTK は軽量クロスプラットフォームのGUIライブラリです。ライブラリが静的にリンクされるので FLTK がインストールされていない Windows PC でも実行できます。その上、生成される実行ファイルのサイズが小さいので容易に配布できます。また、プログラムを比較的簡単に作成できるのもメリットの一つです。ということで、私はとても気に入っています!
以下では、Windows に FLTK(64bit)をインストールして、プログラムをビルドする手順について説明します。


1.FLTK(64bit)のインストール

MSYS2 のパッケージマネージャー Pacman を使って FLTK をインストールするので、まず MSYS2 をインストールします。
次に C:\msys64\msys2_shell.cmd をダブルクリックして MSYS2 を起動し、下記のように入力すれば、FLTK(64bit)をインストールすることができます。

インストール(MSYS2のコマンドプロンプト)


$ pacman -Sy(パッケージデータベースの更新)
$ pacman -S mingw-w64-x86_64-gcc(gccのインストール)
$ pacman -S mingw-w64-x86_64-fltk(fltkのインストール)

続いて、~/.bash_profile にパスを設定します。パスの設定後プログラムをビルドする場合は、source ~/.bash_profile とすれば MSYS2 を再起動せずにパスを有効にできます。

パスの設定(MSYS2のコマンドプロンプト)


$ echo PATH=/c/msys64/mingw64/bin:$PATH > ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile


2.プログラムのビルド

MSYS2 のコマンドプロンプトから下記のように入力するとプログラムをビルドすることができます。

ビルド(MSYS2のコマンドプロンプト)


$ g++ fltk.cpp -std=c++11 -static `fltk-config --ldflags` -o fltk.exe
$ strip fltk.exe

注)-static を外すと、実行する際に libstdc++-6.dll と libgcc_s_dw2-1.dll が必要になります。


3.FLTK のサンプルプログラム

 

ボタンをクリックすると、入力フィールドの文字列を出力フィールドにコピーします。

click.cpp


#include <FL/Fl.H>
#include <FL/Fl_Button.H>
#include <FL/Fl_Input.H>
#include <FL/Fl_Output.H>
#include <FL/Fl_Window.H>

class Window : Fl_Window {
  Fl_Button* fl_button;
  Fl_Input* fl_input;
  Fl_Output* fl_output;
public:
  Window(int, int, const char*);
  ~Window();
private:
  static auto copy(Fl_Widget*, void*) -> void;
};

Window::Window(int width, int height, const char* title) : Fl_Window(width, height, title) {
  fl_button = new Fl_Button(0, 0, 50, 25, "copy");
  fl_input = new Fl_Input(50, 50, 350, 25, "input:");
  fl_output = new Fl_Output(50, 100, 350, 25, "output:");
  fl_button->callback(copy, this);
  show();
}

Window::~Window() {
  if (fl_button != nullptr) delete fl_button;
  if (fl_input != nullptr) delete fl_input;
  if (fl_output != nullptr) delete fl_output;
}

auto Window::copy(Fl_Widget*, void* vp) -> void {
  ((Window*)vp)->fl_output->value(((Window*)vp)->fl_input->value());
}

auto main() -> int {
  new Window(500, 250, "^o^");
  return Fl::run();
}

 

ファイルをペースト(ドラッグ・アンド・ドロップ)すると、パスが表示されます。

paste.cpp


#include <sstream>
#include <vector>
#include <FL/Fl.H>
#include <FL/Fl_Box.H>
#include <FL/Fl_Output.H>
#include <FL/Fl_Window.H>

auto split(const std::string& input, char delimiter = ',') -> std::vector<std::string> {
  std::stringstream stringstream(input);
  std::string token;
  std::vector<std::string> output;
  while (std::getline(stringstream, token, delimiter)) {
    output.push_back(token);
  }
  return output;
}

class Box : Fl_Box {
  Fl_Output* fl_output;
public:
  Box(int, int, int, int, Fl_Output*);
private:
  auto handle(int) -> int override;
};

Box::Box(int x, int y, int width, int height, Fl_Output* fl_output) : Fl_Box(FL_UP_BOX, x, y, width, height, "") {
  this->fl_output = fl_output;
  label("Paste here!");
  labelcolor(FL_BLUE);
  labelfont(FL_ITALIC);
  labelsize(25);
}

auto Box::handle(int event) -> int {
  switch (event) {
    case FL_DND_DRAG:
    case FL_DND_ENTER:
    case FL_DND_RELEASE:
    return 1;

    case FL_PASTE:
    fl_output->value(split(Fl::event_text(), '\n')[0].c_str());
    label("Completed!");
    labelcolor(FL_RED);
    return 1;

    default:
    return Fl_Box::handle(event);
  }
}

class Window : Fl_Window {
  Fl_Output* fl_output;
  Box* box;
public:
  Window(int, int, const char*);
  ~Window();
};

Window::Window(int width, int height, const char* title) : Fl_Window(width, height, title) {
  fl_output = new Fl_Output(50, 25, 450, 25, "output:");
  box = new Box(0, 50, 500, 200, fl_output);
  show();
}

Window::~Window() {
  if (fl_output != nullptr) delete fl_output;
  if (box != nullptr) delete box;
}

auto main() -> int {
  new Window(500, 250, "^o^");
  return Fl::run();
}


参考サイト

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中